teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


事例から学ぶ

 投稿者:おばさん  投稿日:2010年11月27日(土)07時12分52秒
返信・引用 編集済
  同じようで違う毎日。家でも職場でも。
目を懲らし、周りを見回すと意外な発見の連続。

“井の中の蛙、大海を知らず”か...。
なぜ大海を知る必要があるのか?なぜ知りたいのか?と己に問いかけてみると。
スティグマを払拭したい私がいます。
色々な知識を詰め込むのは、自分の劣等感やネガティブ思考を変えたいから。
優越感に浸りたい自分を心の奥底に隠しているだけなのを感じます。

競争心、闘争心。大いに結構!!
きっかけや入口はそれがエネルギーとなるのですが。
が、長い目で見ると却って自分を追い詰めていくようです。

経済的な問題。学歴社会の結末。家族の不和。
何かを学ぶとき。私は先ず事例を体験談として捉え直して読むことから始めます。

体験談や事例を描いた著者も入り口では皆悩んでいた筈。
などと、日々、事例から体験から、力をもらっている私です。
 
 

はじめまして!

 投稿者:おばさん  投稿日:2010年11月13日(土)07時03分44秒
返信・引用 編集済
  自分がどうしたいのか、何にこだわっているのか、何ができるのか。
ネガティブからポジティブへと思考が変えられたら。

家族に障害者がいます。
福祉分野に足を踏み入れたのは我子をなんとか治したいという気持ちからでした。
あれから20年余りの月日が流れ、私自身の考え方や関わる環境が大きく変化し続けています。
つい最近まで障害分野を中心に活動してきましたが、高齢になった父母へ関わることが増え、私の心境にも変化がありました。

子育て真っ最中の時には児童・障害児福祉。就学期には特別支援教育。卒業後は障害者福祉。というように、自分の家庭や家族の“今”を中心に動いてきました。
専門を極めた方々からはご批判を受けるかもしれません。
私自身はやはり“今”を大切に生きたいのです。

障害者の保護者だからと自分を限定するのではなく、一人の生活者・市民として特別なことではなく、当たり前のこととして感じる気持を大切にしたいと思っています。
 

レンタル掲示板
/1